『後天性少女』第14話

2012年08月12日19:00
 第14話 おんなのこになあれ

 病院の廊下はまだ空気が冷たい。むき出しの脚がスースーする。前を歩いていく看護婦さんの脚が目に入った。女の人ってよく平気だな。僕、これから女の子になったらもうずっとスカートを穿かなきゃいけないんだ。
 診察室の入り口が見えてきた。看護婦さんに続いて入り口をくぐる。曇りガラスに『第二診察室』と書かれたドアを、看護婦さんが軽くノックして、開けた。
「赤木先生、奥井さんがお見えになりました」 
 診察室の机の前に座っていた先生が顔を上げた。
「お待ちしていました。こちらへどうぞ。あらっ?」
 先生がお母さんの後ろにいる僕を見た。ドキッとしてお母さんの背中に隠れた。
「今日はスカートで来られたんですね」
 先生がにっこりと笑って言った。
「ええ、スカートのほうが良いといわれましたので。ほら祐君、先生にご挨拶なさい」
 お母さんに両肩をつかまれて部屋の真ん中に押し出されてしまった。
 三人の視線の中に放り出された僕は、恥ずかしさで頭に血が上り、お酒に酔ったみたいにわけがわからなくなってしまった。
「おはようございますっ、今日はよろしくお願いしますっ」
 まるで小さな子のように大きな声で挨拶して勢いよくお辞儀した。
「とってもかわいくて驚いちゃいました。理解のあるお母様で良かったわね。でも、もう少し広がるスカートのほうが楽かもしれないですね、脚開きますから」
 看護婦さんが少しおかしそうに言った。
「ええ、私のお古なものですから、祐介に会いそうなスカートはこれしかなかったんです。ね?」
 ね、っていわれても、僕は出されたものをただ穿いただけだよぉ。思いっきり首を振った。
「ちょっと気に入らないみたいで。そうね、これからのこともあるし、これからは祐くんにも女の子の服を買ってあげないとね」
 お母さんに背中を押されてふらふらと先生の前の椅子に腰掛けた。
「そうですね、性同一性障害を持って生まれた方は、子供の頃に本来の性別として扱ってもらえなかったことが心の傷となって残ることが多いですから、これからは我慢させずに女の子らしい服を着せてあげてください」
「そうなんですか……祐君これまでごめんね」
 お母さんが僕の顔を覗き込んで手を握った。
「それに関連してひとつ気になることがあるんです」
 先生がお母さんのほうを向いて「こういうことは私の領域ではないのですが」と前置きして言った。
「お母様は祐介さんのことをずっと男の子のように”祐くん”と呼んでいますね」
「はい。それがなにか」
 お母さんが小首をかしげた。
「先ほども説明しましたが、性同一性障害の子は本人の心の性別で扱ってあげることがもっとも本人にとって良いことなんです。祐介さんは心は女の子なのですから、お母様もきちんと女の子として呼んであげた方がいいと思います。人間の性というのは体の性別だけではないんですね。女性ならば女性であると社会的に認知されて始めて社会の一員なんです。祐介さんの場合、お名前そのものが男性的ですから、これから女性として社会生活を送っていく上で女性的な名前に改名されたほうが、ご本人も周囲も違和感を感じないで済むのではないでしょうか。もちろん祐介さんご本人が希望されればですが、こういった社会的なことも考えておいてください」  
 先生がお母さんの目を見て真剣な表情で言った。
「はあ、名前ですか……気がつかなかったわ。どうしましょうか、祐君……じゃなくて祐子ちゃんかしらね」
 お母さんが少しおどけた風に僕に言った。お母さんに『ユウコちゃん』と呼ばれて、僕はギュンと心臓をつかまれたように興奮して、オチンチンがスカートの下でむくむくと大きくなるのを感じた。同時に不安よりも期待感が高まってくる。まるでオチンチンが女の子になりたい気持ちの発生源だ。(つづく)

『ソプラノ~僕が天使になるまで~』第14話

2012年08月04日19:57
第14話 黒一点

「……あのう、先生、矢沢先生?」
 戸波先生が矢沢先生の顔を覗き込んで手をかざした。
「なっ、何よ。失礼ね」
 矢沢先生ははっとしたように顔を上げると、眼鏡を中指でくいっと直して戸波先生に向き直った。
「それで、河合さんの特待生の件なんですけど、悪いのはぜーんぶ私ってことで彼……じゃなかった彼女の能力的に問題ないっていうことですよね?」
 戸並先生が気持ち悪いくらいにこやかな笑顔で言った。
「さっきからそう言ってるでしょう。私が責任持って面倒見ます」
 矢沢先生が不機嫌そうに答えた。
「でも将来のことってわからないですし、入学後に途中で見込み違いだったからやっぱり退学! なーんてことにはならないですよね? 河合さんにとって一生の問題ですから、卒業後の進路まで含めて面倒見てくれないと安心できないっていうか」
「くどい。男どもはいざ知らず、私に二言はありません。きっと河合さんを世界で通用するソプラノ歌手に育ててみせます!」
 矢沢先生がびしっと僕のほうを指差した。三人の視線が僕に集まった。そこでなんで僕に振るの? なんとなくその場の空気に押されるように立ち上がってお辞儀した。
「よ、よろしくおねがいしますぅ」
 声が上ずって甲高い女の子のような声になってしまった。は、恥ずかしい……。そっと視線を上げると、矢沢先生が満足そうに頷いているのが見えた。
「良かったわね、おめでとう! 河合さん!」
 戸波先生が顔を赤くして口元を押さえて目に涙を溜めている。あれは感動してるんじゃなくて笑いをこらえている顔だな。
「じゃ、用は済んだから帰るわね」
「せっかく久しぶりに会えたのにもう帰っちゃうんですか? 表彰式くらい見ていってくれればいいのに」 
「ニ、三組は聴いたし、十分レベルはわかりました。これからこの子をつれて学園に帰らなきゃいけないの」
「えー、もう帰るの? まだ飲み終わってないのにぃ」
 アマミヤさんがメロンソーダの缶を揺らして唇を尖らせた。
「だったらここから歩いて帰ることね」
 矢沢先生はアマミヤさんの抗議を気にせずスタスタ歩き始めた。
「いじわるぅ」
 アマミヤさんが矢沢先生の後を追いかけて駆け出した、と思ったら逆再生のように後ろ歩きで戻ってきた。
「のど乾いたでしょ、これあげる!」
「え、ちょっと」
 僕の返事も待たずにメロンソーダの缶を押し付けると、じゃあね、とミニスカートを翻してまた駆けて行った。
 僕と戸波先生は自販機コーナーに取り残された。僕は不思議な空間から解放されて我に返った。
「あの、先生さっき話してたことなんですけど……」
 自販機コーナーの脇をぞろぞろと他校の女子生徒が歩いてきた。
「いっけない!次の組終わっちゃったわ。もう表彰式じゃない。はやく帰りましょ河合さん……じゃなかった河合君」
 先生が顔をしかめて時計を見ると、僕の学生服の袖を引っ張って歩き出した。
「ちょ、先生ジュースがこぼれます」
「ああもう、そんなもの早く飲んじゃいなさい!」
「……他の子には黙っててくださいよ」
 アマミヤさんの顔のアップを思い出した。これって間接キスっていうのになるのかな。いや、時間がないんだ仕方がないじゃないか、捨てるのももったいないし。半分くらいあるメロンソーダを一気に飲み干して、缶をゴミ箱に投げ入れた。炭酸が鼻の奥にきた。
 僕たちは他校の生徒の行列の中に混ざってホールの中に入った。
「ちょうど目立たないでうまく中に入れたわね」
 戸波先生が振り向いて小声で僕に言った。
 こんな女子ばかりの行列に、僕だけ学生服でまぎれこめるわけがないじゃないか……。
 ようやく僕の学校の列にたどり着いて、端っこの通路側の席に腰掛けた。
「河合君、どこ行ってたの? さっき他校の子たちと一緒に入ってきたからさ、とうとう女子校に引き抜かれたのかと思ったわ」
 隣の席に座っていた斉藤さんがおかしそうに言った。見てたんだ……。
「んー、それに近いことはあったかもねぇ」 
 先生が誰に言うとでもなくつぶやいた。思わずげっぷが出た。(つづく)

【ニュース】この世から「女」が消える日が来る!?

2012年07月22日12:11
この数十年間で、アジアで生まれる女性の数が極端に減っている
 http://nikkan-spa.jp/249367

『女性がいない世界では売春が増え、貧しい国へ嫁を買いに行く男が増え、嫁を買いに行く余裕のない貧しい 国ではパートナーの見つからない若い男性が増える。そこは、女性が金銭で売買され、若い独身男性が犯罪を繰り返す世界である。コロンビア大学の研究によると、中国では出生性比1%の増加がその地域の犯罪率を5~6%引き上げている』

 『男性過剰はエネルギー・食料資源の枯渇、未知のウイルスによるパンデミック等と同様に、ローカルな問題ではなく、世界的な問題』

世界的に「生後の性別変更」を実現する必要性が高まっているようです。
生殖能力レベルの性転換が実現されれば、希望者だけではなく、男女比率をあわせるためにある程度強制的な性転換もしていく必要性がありますね。
作品一覧
サークルプロフィール
リンク