身体女性化TS

『チェンジリング』第16話

2013年01月15日00:24
第16話 Cherry(10)

「さて、あとは任せときな」
 母さんは僕が乗ったシートを前向きに回転させると、慣れた手つきで車椅子を折りたたんで後部座席とハッチのスキマに入れた。
 三人で車に乗り込んでドアを閉めると、ようやく落ち着くことが出来た。
「さて出発進行」
 母さんが車を発進させた。
 これでやっと家に帰れる。力を抜いてもたれかかると、車のシートの角度がちょうどよく受け止めてくれる。ベッドで寝ているのより楽だ。
 子供の頃、風邪を引いて熱を出したときに車で小児科に連れて行かれたのを思い出す。隣で姉さんが手を握ってくれて、それだけで気分が少しよくなったっけ。あのころ僕は家族の中心に居た気がする。
 ぼんやりと上を見ていると、フロントウインドーの端っこに花びらが一枚へばりついているのが見えた。
「桜の花……?」
「ああ、この辺の街路樹は桜だね。でも、もう葉桜だね」
 母さんが僕の言葉を誤解して、外を見回して言った。
「もう一週間早ければ、ちょうど病室から満開の桜が見られたのにね」
 姉さんが僕の心を読んだように言った。ピンク一色の病室を思い出した。なんだかもう懐かしく感じる。
「うん、見たかったな、桜」 
「何だい、お前は。この間連れて行ってやるっていったら興味なさそうだったじゃないか」
 ハンドルを握る母さんがちらっと僕を見て言った。
「そういう気分じゃなかっただけ。それにもう時期が遅かったでしょ」
「まったくお前はいつもそうだよ。こっちがしてやるって言うと後で後でって、結局後で泣くんだから」
 母さんのいつもの嫌味が始まった。やれやれ、ここ数日の特別扱いもここまでか。
「もう、やめてよお母さん。悠里はいつも家族のために遠慮してるのよ」
「家族に何遠慮するって言うのよ。はっきり言えばいいじゃないか」
 信号待ちの右折ラインから母さんが強引にハンドルを切って直進ラインに出た。
「母さんそっちは家と逆方向じゃないの。どこ行くんだよ」
「どこっていいところだよ。しばらく寝てな」
 信号が変わって、母さんがアクセルを踏み込んだ。僕はおとなしく目を閉じていることにした。
 ☆  ☆  ☆
「悠里、悠里、起きて」
 誰かが僕のほっぺたをつついている。ひんやりする空気が体をなぞって、浅い眠りの中から引っ張り出された。
「もう家に着いたの……?」
 何度も寝たりおきたりして時間の感覚がなくなっている。
 うっすらと目をあけると、フロントウインドーはピンク色に埋まっている。次々と舞い落ちる桜の花びら。風に乗って一枚、花びらが手の甲に落ちた。
 僕は、夢でも見ているのか。指でつまんで拾い上げるとしっとりと冷たい花びら。
「ここどこ?」
「いいところよ」
 姉さんの声を視線で追うと、窓の外は満開の桜だった。古いお城のような塀を越えて道路のほうまで柳の木みたいに垂れ下がって、まるで桜のトンネルだ。
 僕は誘い出されるようにしてドアを開けて、ふらふらと表に出た。不思議と痛みは感じなかった。
「大丈夫? 無理しないでこれにのって」
 姉さんが手に持っていた折り畳みの車椅子を広げた。
 姉さんが押してくれる車椅子で桜のトンネルの中をくぐり、少し傾斜の付いた道を登っていくと、やがて桜の花に包まれた真っ赤な鳥居が見えた。
『女体神社』
「ここなら山だからまだ散ってないと思ったんだよ」 
 後ろから母さんの声がした。女体山と女体神社は、別に観光スポットじゃないけど、地元じゃ誰でも知ってる。男子は小学生のころに地図で見つけて女のヌードを落書きするものだ。
「せっかくだから花見のついでに御参りしていこうか」
 鳥居を抜けると石の階段が続いている。母さんがさっさと歩いていく。僕は脇の坂道を通るしかない。
「大変だったら僕はここまででいいよ」
「大丈夫。遠慮しないで。行きましょう」(つづく)

※作中の地名は架空のものです。実在の女体山および女体神社とは関係ありません。

『後天性少女』第14話

2012年08月12日19:00
 第14話 おんなのこになあれ

 病院の廊下はまだ空気が冷たい。むき出しの脚がスースーする。前を歩いていく看護婦さんの脚が目に入った。女の人ってよく平気だな。僕、これから女の子になったらもうずっとスカートを穿かなきゃいけないんだ。
 診察室の入り口が見えてきた。看護婦さんに続いて入り口をくぐる。曇りガラスに『第二診察室』と書かれたドアを、看護婦さんが軽くノックして、開けた。
「赤木先生、奥井さんがお見えになりました」 
 診察室の机の前に座っていた先生が顔を上げた。
「お待ちしていました。こちらへどうぞ。あらっ?」
 先生がお母さんの後ろにいる僕を見た。ドキッとしてお母さんの背中に隠れた。
「今日はスカートで来られたんですね」
 先生がにっこりと笑って言った。
「ええ、スカートのほうが良いといわれましたので。ほら祐君、先生にご挨拶なさい」
 お母さんに両肩をつかまれて部屋の真ん中に押し出されてしまった。
 三人の視線の中に放り出された僕は、恥ずかしさで頭に血が上り、お酒に酔ったみたいにわけがわからなくなってしまった。
「おはようございますっ、今日はよろしくお願いしますっ」
 まるで小さな子のように大きな声で挨拶して勢いよくお辞儀した。
「とってもかわいくて驚いちゃいました。理解のあるお母様で良かったわね。でも、もう少し広がるスカートのほうが楽かもしれないですね、脚開きますから」
 看護婦さんが少しおかしそうに言った。
「ええ、私のお古なものですから、祐介に会いそうなスカートはこれしかなかったんです。ね?」
 ね、っていわれても、僕は出されたものをただ穿いただけだよぉ。思いっきり首を振った。
「ちょっと気に入らないみたいで。そうね、これからのこともあるし、これからは祐くんにも女の子の服を買ってあげないとね」
 お母さんに背中を押されてふらふらと先生の前の椅子に腰掛けた。
「そうですね、性同一性障害を持って生まれた方は、子供の頃に本来の性別として扱ってもらえなかったことが心の傷となって残ることが多いですから、これからは我慢させずに女の子らしい服を着せてあげてください」
「そうなんですか……祐君これまでごめんね」
 お母さんが僕の顔を覗き込んで手を握った。
「それに関連してひとつ気になることがあるんです」
 先生がお母さんのほうを向いて「こういうことは私の領域ではないのですが」と前置きして言った。
「お母様は祐介さんのことをずっと男の子のように”祐くん”と呼んでいますね」
「はい。それがなにか」
 お母さんが小首をかしげた。
「先ほども説明しましたが、性同一性障害の子は本人の心の性別で扱ってあげることがもっとも本人にとって良いことなんです。祐介さんは心は女の子なのですから、お母様もきちんと女の子として呼んであげた方がいいと思います。人間の性というのは体の性別だけではないんですね。女性ならば女性であると社会的に認知されて始めて社会の一員なんです。祐介さんの場合、お名前そのものが男性的ですから、これから女性として社会生活を送っていく上で女性的な名前に改名されたほうが、ご本人も周囲も違和感を感じないで済むのではないでしょうか。もちろん祐介さんご本人が希望されればですが、こういった社会的なことも考えておいてください」  
 先生がお母さんの目を見て真剣な表情で言った。
「はあ、名前ですか……気がつかなかったわ。どうしましょうか、祐君……じゃなくて祐子ちゃんかしらね」
 お母さんが少しおどけた風に僕に言った。お母さんに『ユウコちゃん』と呼ばれて、僕はギュンと心臓をつかまれたように興奮して、オチンチンがスカートの下でむくむくと大きくなるのを感じた。同時に不安よりも期待感が高まってくる。まるでオチンチンが女の子になりたい気持ちの発生源だ。(つづく)

『ソプラノ~僕が天使になるまで~』第14話

2012年08月04日19:57
第14話 黒一点

「……あのう、先生、矢沢先生?」
 戸波先生が矢沢先生の顔を覗き込んで手をかざした。
「なっ、何よ。失礼ね」
 矢沢先生ははっとしたように顔を上げると、眼鏡を中指でくいっと直して戸波先生に向き直った。
「それで、河合さんの特待生の件なんですけど、悪いのはぜーんぶ私ってことで彼……じゃなかった彼女の能力的に問題ないっていうことですよね?」
 戸並先生が気持ち悪いくらいにこやかな笑顔で言った。
「さっきからそう言ってるでしょう。私が責任持って面倒見ます」
 矢沢先生が不機嫌そうに答えた。
「でも将来のことってわからないですし、入学後に途中で見込み違いだったからやっぱり退学! なーんてことにはならないですよね? 河合さんにとって一生の問題ですから、卒業後の進路まで含めて面倒見てくれないと安心できないっていうか」
「くどい。男どもはいざ知らず、私に二言はありません。きっと河合さんを世界で通用するソプラノ歌手に育ててみせます!」
 矢沢先生がびしっと僕のほうを指差した。三人の視線が僕に集まった。そこでなんで僕に振るの? なんとなくその場の空気に押されるように立ち上がってお辞儀した。
「よ、よろしくおねがいしますぅ」
 声が上ずって甲高い女の子のような声になってしまった。は、恥ずかしい……。そっと視線を上げると、矢沢先生が満足そうに頷いているのが見えた。
「良かったわね、おめでとう! 河合さん!」
 戸波先生が顔を赤くして口元を押さえて目に涙を溜めている。あれは感動してるんじゃなくて笑いをこらえている顔だな。
「じゃ、用は済んだから帰るわね」
「せっかく久しぶりに会えたのにもう帰っちゃうんですか? 表彰式くらい見ていってくれればいいのに」 
「ニ、三組は聴いたし、十分レベルはわかりました。これからこの子をつれて学園に帰らなきゃいけないの」
「えー、もう帰るの? まだ飲み終わってないのにぃ」
 アマミヤさんがメロンソーダの缶を揺らして唇を尖らせた。
「だったらここから歩いて帰ることね」
 矢沢先生はアマミヤさんの抗議を気にせずスタスタ歩き始めた。
「いじわるぅ」
 アマミヤさんが矢沢先生の後を追いかけて駆け出した、と思ったら逆再生のように後ろ歩きで戻ってきた。
「のど乾いたでしょ、これあげる!」
「え、ちょっと」
 僕の返事も待たずにメロンソーダの缶を押し付けると、じゃあね、とミニスカートを翻してまた駆けて行った。
 僕と戸波先生は自販機コーナーに取り残された。僕は不思議な空間から解放されて我に返った。
「あの、先生さっき話してたことなんですけど……」
 自販機コーナーの脇をぞろぞろと他校の女子生徒が歩いてきた。
「いっけない!次の組終わっちゃったわ。もう表彰式じゃない。はやく帰りましょ河合さん……じゃなかった河合君」
 先生が顔をしかめて時計を見ると、僕の学生服の袖を引っ張って歩き出した。
「ちょ、先生ジュースがこぼれます」
「ああもう、そんなもの早く飲んじゃいなさい!」
「……他の子には黙っててくださいよ」
 アマミヤさんの顔のアップを思い出した。これって間接キスっていうのになるのかな。いや、時間がないんだ仕方がないじゃないか、捨てるのももったいないし。半分くらいあるメロンソーダを一気に飲み干して、缶をゴミ箱に投げ入れた。炭酸が鼻の奥にきた。
 僕たちは他校の生徒の行列の中に混ざってホールの中に入った。
「ちょうど目立たないでうまく中に入れたわね」
 戸波先生が振り向いて小声で僕に言った。
 こんな女子ばかりの行列に、僕だけ学生服でまぎれこめるわけがないじゃないか……。
 ようやく僕の学校の列にたどり着いて、端っこの通路側の席に腰掛けた。
「河合君、どこ行ってたの? さっき他校の子たちと一緒に入ってきたからさ、とうとう女子校に引き抜かれたのかと思ったわ」
 隣の席に座っていた斉藤さんがおかしそうに言った。見てたんだ……。
「んー、それに近いことはあったかもねぇ」 
 先生が誰に言うとでもなくつぶやいた。思わずげっぷが出た。(つづく)

『後天性少女』第13話

2012年05月27日08:52
 第13話 恥ずかしすぎて

 震える手で玄関の鍵を閉めた。辺りに人が居ないか確認して、車の後部座席に駆け込んだ。スカートってすごく走りにくいんだ……。
 車が走り出した。車に乗ってしまえば、僕がスカートを穿いてるのは見えない。もう始業時間は過ぎているから、僕の学校の生徒もいないはずだ。
 緊張が少し解けた。視線を落とすと、デニムのスカートから突き出たひざ小僧が見える。胸がぎゅんっとなってお尻の辺りがむずむずした。
 お母さんはバッグからポーチを取り出して、車のミラーを覗き込んで顔に肌色のクリームを塗り始めた。髪を整えて、口紅を塗る。信号待ちのたびにきれいになっていく。まるで魔法だ。
「どうしたの?」
 僕の視線に気づいたお母さんが僕のほうをチラッと見て言った。その顔はいつものお母さんじゃなくて、すっかり『きれいな女の人』になっていた。
「……なんでもない」
 ドキっとして視線を落とした。
「大丈夫。先生も簡単に治せるって言っていたでしょう、そしたら学校にもいけるようになるわ」
 お母さんが優しく微笑んでいった。その言葉でこれから病院に行くんだって言うことを思い出して、逆に不安になってきてしまった。

 大学病院に着いた。まだ朝早いせいか駐車場が空いていて、昨日よりいいところに止められたみたい。建物のすぐそばだ。
 ドアを開けて車から降りる。その時になってまた、今の僕はスカートを穿いているんだっていうことを思い出して、また体が硬くなった。
 幸いまだ周囲には人がいない。隣の市だし、知り合いなんていないよね。思い切ってドアを開けて外に出た。むき出しの足を少し冷たい風が撫でた。まるで何も穿いていないみたい。
「ちょっと早いけど、中で待っていましょう」
 お母さんは僕の気持ちをまったく理解せずにさっさと歩き出した。僕はお母さんの影に隠れようと急いで後ろについた。一歩足を出すごとにスカートが僕の足を邪魔する。まるで障害物競走だ。どうしても内股の小股になってしまう。お母さんも僕と同じような形のスカートを穿いているけれど、まったく邪魔そうな感じはしない。
 大きな正面玄関を素通りして、公園のような遊歩道を通って女性科の病棟に向かう。人のいるロビーを通らずに済んでほっとした。
 女性科の玄関をくぐる。中は一面ピンク色だ。待合ロビーにはまだ誰もいない。
 お母さんが女性科の受付でしばらく女の人とやり取りすると、看護婦さんが迎えに来た。僕はスカート姿を見られたくなくてお母さんの影に隠れた。
「奥井さんですね、第二診察室へどうぞ」
 看護婦さんは僕を見て微笑んで言った。僕のことを笑ったんじゃないとわかっていても、恥ずかしさで頭に血が上ってくるのがわかった。看護婦さんの後についてお母さんが診察室に向かって歩き出した。走って逃げ出したいけど、そんなことしたら余計目立っちゃう。それにスカートじゃうまく走れないし。早く女の子になっちゃえばスカートを穿いていても変じゃなくなるんだ。でも、やっぱり恥ずかしいよぉ……。
 ふわふわした足取りでお母さんの後を追いかけた。(つづく)

『チェンジリング』第16話

2012年05月03日09:48
 第15話 Cherry(9)
 
 人がたくさんいる待合ロビーを通るのを避けて、女性科の南口から遊歩道に出た。
 昼下がりの日差しが目に飛び込んできて、思わず目を細めた。風が僕の体を撫でる。湿った草のにおいがした。まだ風は少し冷たいけれど、母さんが掛けてくれたひざ掛けのおかげで寒いほどじゃない。姉さんと一緒にゆっくりと遊歩道を行く。入院患者らしいパジャマ姿の人が何人か散歩している。木漏れ日が僕の体に光の模様を作る。風がやさしく頬や肩をなで、胸元のレースを揺らす。気持ちいいな、いままで外の世界をこんなに感じたことはなかった。タイルで舗装された小道に、くたびれたピンク色の花びらが落ちている。上を見上げた。ああ、桜並木だったんだ。あと一週間早ければちょうど満開だったかもしれない。病室からピンク色の桜が良く見えただろうな。見られなかったのが少し残念。
 正面玄関口が近づいてきた。
「お母さん車どこに停めたのかしら」
 姉さんの声に首を起こして前を見る。ロータリーになっている広い正面玄関口に車が列を作っている。その先頭に、どこかで見たことのある黄色い車が見えてきた。
 母さんの車だ。母さんはドアを開けっ放しにして車から出て、エントランスのほうを落ち着かない様子できょろきょろと覗き込んでいる。
「ちょっと、お母さん。何してるのよ。そこ駐車禁止よ」
 姉さんがあたりを気にしながら行った。
「まあ、なんだい。そっちから来ると思わなかったわ。さあ早くお乗り」 
 母さんの大きな声で僕に注目が集まった。僕が渋滞の原因だってわかってしまうじゃないか。僕は抗議の視線から自力で逃げ出すことも出来ずに、ただ脱力するだけだった。
 姉さんが通りがかる人たちに愛想笑いしながら、車椅子を母さんの車のそばに寄せてくれた。
 母さんの車は助手席が回転してシートがドア側に向くようになっている。初めて知った。車椅子と車のシートの間は1メートルもない。でも
その1メートルが遠く感じる。腹筋に力を入れるとまた差し込むような痛みが襲ってくると思うと、体を起こすのが怖い。額に汗がにじんできた。
「大丈夫? 手を貸すわよ、悠里」
 見かねた姉さんがかがみこんで耳元で言った。 
「年寄りだったら担いで突っ込んじまえば良いけどさ、こういうのは自分で加減しながらじゃないとダメさ。落ち着いてゆっくりやればいいさ」
 後ろから母さんが言った。そのとおりだと思った。無理に起こされたら傷が開いちゃうかもしれない。
 車列の中の一台がクラクションを鳴らした。ドキッとして体がしびれたようになった。
「今鳴らしたのは誰だ! こちらのご婦人は妊娠されてらっしゃるんだ。控えろっ」
 母さんの車の二台後ろに停まっていたタクシーから帽子を被った運転手が飛び出て車列をにらみつけた。タクシーの運転手は帽子を取って僕のほうを向いて深々と頭を下げた。どこかで見覚えがある。この運転手は以前、ここへ来るときに呼んだタクシーの人だ。ありがたいような、迷惑なような……。とにかく一刻も早くここを離れたい。
 体に残っている力を振り絞って体を起こし、力の入らない足でバランスを取りながら、ようやく母さんの車のシートに腰掛けることが出来た。
「さて、あとは任せときな」
 母さんは僕が乗ったシートを前向きに回転させると、慣れた手つきで車椅子を折りたたんで後部座席とハッチのスキマに入れた。
 三人で車に乗り込んでドアを閉めると、ようやく落ち着くことが出来た。
「さて出発進行」
 母さんが車を発進させた。(つづく)
作品一覧
サークルプロフィール
リンク